女性ホルモンの波を把握してコントロールしよう

女性ホルモンの生理の周期とともに変動します。
この女性ホルモンの分泌に伴う変動は、誰もが起こるもの。個人差があったとしたも、生理の周期にによって、気分が変動したり、むくみや免疫力の低下などが起こりやすくなりますよね。
それは、症状の出方にその人の性格や過ごしている環境の変化が大きくかかわるから。
女性ホルモンの波を把握してコントロールしよう
何か心配なことがあったり、ストレスの湯良い環境に身を置いている状態が続くなど、心身の変化に過敏になっていると、ますますこの症状は悪化してゆきます。
女性のホルモンは美のホルモンともいわれる「エストロゲン」と、母のホルモン「プロゲステロン」の2つのホルモンがつかさどっています。美のホルモン「エストロゲン」には、新陳代謝を促し、女性らしい体を作り、精神を安定させるなどの働きがあります。
母のホルモン「プロゲステロン」には体温を上げたり、子宮の状態を安定させたりする働きがあります。
これらが規則的に入れ替わることで、女性ホルモンのバランスを安定させています。この分泌が不安定だったり、心と体がこの変動についていけなくなると、不調の原因になります。
改善を望むなら、まずは1か月の中で自分の変化を把握することが大切。
そして、その変化をあますことなく受け入れて、その時期ごとの過ごし方を変えることで、体調の変化はずいぶんとコントロールすることができるようになります。
まずは1か月の自分の変化を日記などに記録したりして自分を知るということから始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です